読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ誰が興味あんねん!

情報の垂れ流しと知識だけの蓄積はもういらない。思考リハビリの開始です。 誰が興味あんねん!

基準を知る

私が働く会社は、世間的には一応名前の知られている会社です。売上規模もそこまで大きくはありませんが、一応「ブランド」というものになります。


先日、先輩の結婚祝いに食器を買いに行きました。自分が結婚した時に、食器をもらったのがとても実用的でめちゃくちゃ助かったからです。ただ、僕は食器には全く興味ないですし、食器売り場を歩いたことすらありません。なのでどれを選べばいいか売り場で迷っていました。


その時に目に入ってきたのがある老舗の食器。食器を知らないので、その会社の価値はわかりませんが、僕でも知ってるぐらいなので、立派なブランド。それを選びました。直感的にその食器を選びました。これを買えば間違いないかなと思いましたし、何よりも安心感がありました。


これぞブランド。素晴らしい。自社も一応のブランドとしてこうあるべきだし、もっともっとこのブランド価値を高めていかなくてはいけないなと思いました。


そのためには、なぜ自社がお客様に間違いないと思っていただいて、安心感を持ってもらえるのかを知りそれを全面的に押し出していくべきだなと思いました。そのブランドを保つためにどういった工程がふまれているのか、その商品と認めてもらうためにどんな基準があるのか、他社と比べてその基準はどれだけ高いのか。こういったことを知るべきですね。


日々何も考えずに仕事をしていると、商品もそこにあるのが当たり前かのように、商品に対しても何も考えないようになります。


そうならないためにも基準や歴史を一から勉強しお客様に伝えていかないといけないなと思います。