読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ誰が興味あんねん!

情報の垂れ流しと知識だけの蓄積はもういらない。思考リハビリの開始です。 誰が興味あんねん!

目的を定める

31歳になった今年初めて見つかったことがあります。それは「目的」です。それはそれはもうぶれることのない「目的」となりました。目的とは、というと人それぞれ定義があると思うのでこれといったものはないかもしれませんが、僕にとっての目的とは「働く目的」です。

昨年の年末に、ある尊敬する方から「〜さん、働くってなんだと思いますか?」という質問をされました。

その時は急に聞かれたこともあったし、あんまりそういうことを考えたことがなかったので、「どう考えてるんですか?」と聞いたところ、「働くとは社会貢献ですよ」という風に答えられました。

確かにどんな人でも「働く」ことで社会に貢献していますよね。どんな仕事だってそう。色んな手段を使って社会に貢献し、その対価としてお金をいただき、社会に貢献し続ける。これはシンプルながらになかなか、突きようのない答えだなと思いました。

そんなことを言われて初めて自社のホームページにある経営理念を見たり(それはまずいか。笑。)色んな会社の理念を見ていくと、ちらほらと結び言葉に「〜ということを通じて社会に貢献する」という風になってるじゃありませんか!ここで、その尊敬する方から言われた働く=社会貢献という考え方がしっくりくるようになりました。

じゃあ自分個人を一会社として見立てた時に、どうやって社会に貢献していくかなぁ〜と考え、働く目的の決定に至ったわけです。

これは本当にオススメ。目的が定まるとそもそも、自分が何をやるべきなのかが見えてきます。その目的を達成するためにはどうしたらよいのかと。

そして動き方に統一感も出てきますし、日々モチベーションがあまり下がらないようになります。何も形になってないのに自分の拠り所になってくれるというか。

今後はこの目的を人生をかけて、どう達成していくかという動き方になります。

そういう意味ではたまたま入った今の会社での仕事が、社会貢献につながっているので目的がすっと出てきました。

会社には本当に感謝です。