読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ誰が興味あんねん!

情報の垂れ流しと知識だけの蓄積はもういらない。思考リハビリの開始です。 誰が興味あんねん!

目標達成に期限をつける

今まで、「夢に日付をつける」とかいう類のことがすごい嫌いで「へっ!」という風に思ってました。


なぜ嫌いか?


それは達成できなかったら恥ずかしいからです、もっというとダサいからです。(それがダサい)


もちろん日付をつけるとなると、「その日までにやります!」と宣言してるようなものなので、人に言ってる場合はもう最高にダサいですし、人に言ってなかった場合でも自分が自分に失望してしまいます。特に後者のダメージって結構でかくて、やっぱり自分のことを信じてあげれないことって負のエネルギーしか出ないんですよ。だから嫌い、イヤ、傷つきたくない、いや子供か!笑。


んでその夢に日付うんぬんかんぬんが、実は目標達成に期限を区切らないっていうミニマムなとこにまで、僕の癖として出てきておりました。


こんなんやりたい、あんなんやりたい!!それに皆を巻き込んでいく。

これ結構上手です。

じゃあ具体的にいつまでにやる?

、、、、まず、ちょっとコンセプトをもうちょっとしっかり練りましょう。


こうなりたいんです!こんな人間になっていきます!それに周りが感心する。

これも結構自信あります。

じゃあいつまでにそうなる?

、、、、もうちょっと目的から考えていきますわ。


僕はまさしくこれです。はたからみたらめちゃダサいやつ。笑。


ある本で読んだのですが、歴史上の成功者は「これが成功する」と目標が定まった瞬間に成功までの道筋が頭の中でリアルに思い浮かんできたそうです。


そんなことまで、できるようになるとは思いませんが、「こうしたい」「ああしたい」「こうなりたい」「ああしたい」と思った瞬間にセットで「いつまでにそうなる」の期限を考えて、そこから逆算して今からそこに向けて何をしないといけないかを決めていく訓練をすることで、いつかその域に達するようになるのかもしれません。ようは目標達成も期限とそこまでのスケジュールを決める訓練で達成する、成功する確率が上がってくるのかもしれません。


そこで成功でもしようもんなら、夢に日付をつけていくんでしょうね。


小さなレベルから僕にはこうしたい、ああしたいがあります。その時にセットでその目標に期限を区切ってそこまでのスケジュールを決めていくことを今年はやっていきます。