読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ誰が興味あんねん!

情報の垂れ流しと知識だけの蓄積はもういらない。思考リハビリの開始です。 誰が興味あんねん!

【販売員必見!】中身のないテクニックを組み合わせても意味がない。

8月はロープレといって、あらゆる場面を想定した接客の練習をする機会が得意先の会社で増えてきました。昔は見ているだけが多かったのですが、今回はお客さん役になってそこの社員さんたちの接客を受ける機会がたくさんありました。


そこで気付いたのが、まぁテクニックばかりを駆使した接客が横行しているということです。どこかで売れているやり方や、言い回し、見せ方、それをパクって重ね合わせているだけ。もちろん人から良いところを盗んで色々な行動をすることは大事です。


ただ、僕はいつもそういう時に想うのですが、自分のキャラや性格を理解した上でそのテクニックを使用しないと最大限の力を発揮できませんし、何よりも接客業においてはお客さんから不自然な見え方になってしまいます。不自然であり無理をしている状況に人は敏感に反応するものです。そんな人からモノを買いたいとは思えないです。売れないからまた売れているやり方や言い回しを真似する。より不自然になる。また真似する、、、こういう悪循環が続いていくのが、そういう人の行き着く先です。


お客さんに買ってほしいならば、まずは自分がどういった人間で、どういった見え方をしているのか。その上でどういうやり方や言い回しが自分に合うのか。そのような自己分析が必要でしょう。


そして「この客が買うのか買わないのか」ではなく「この人の悩みが何で、その原因を教えてあげて、その原因を解決する解決策を提示する」という思考に切り替えることが大事です。買う買わないだけでは最終的には、お客様満足度が低いのでリピーターとして来ないので、テクニックを積み重ねていく結末を迎えるのは目に見えています。


長続きする仕組みを理解しましょう。