読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ誰が興味あんねん!

情報の垂れ流しと知識だけの蓄積はもういらない。思考リハビリの開始です。 誰が興味あんねん!

自分を受け入れること

いい具合に暑くなってきています。冷夏や暖冬など、春夏秋冬の本来あるべき姿から遠のいていく季節は食品やアパレル含めて非常に戦略もたてにくいです。ある人は季節に左右されない商品を作るべきだ!と言いますが、そんなことできる会社は一握りだし、会社が大きくなればなるほど、売上に占める割合のパーセンテージとして季節商品が高くなると思います。一握りになれそうにないのであれば、それを受け入れて、その中で戦略を立てるべきです。自社の(自分の)レベルにないことに中途半端に手をつけると、全てが中途半端になります。今回はこのように「受け入れる」ことについて書きたいと思います。

 

理想と現実のギャップに苦しむ

 

社会人生活を始めてからの7年間、真面目に働いてはきましたが、非常にしんどかったです。自分が働くまでに抱いていたイメージ(理想)だと、時代の流れに乗った仕事をして、年収も軽々1000万超えて、いい家も買って、周りもイケイケサラリーマンで…みたいなイメージしかありませんでした。笑。それだけ今まで自分は学校でもバイトでも何でも中心にいて、自分もそうだし周りも少なからずそう思ってくれていたと思います。ただ現実は、周りが自分をそうたててくれていただけであって自分自身のレベルは全くついてきていませんでした。時代の流れには沿ってないし、年収なんてあと何年働いたら1000万超えるねんという感じやし、家もそれなりの金額のものしか買えないことも最近わかってきたし、Facebookにあがってくるイケイケサラリーマンたちとは交流も持てそうにありません。この「自分がどう生きている」かという理想と現実のギャップに非常に苦しんできました。それも何が苦しいか、「ここまでわかっているのに努力できない」ことが苦しいのです。色々チャレンジしました。「やる」まではできます。でもそれを「やり続ける」ことが出来ない。やり続けることができなかったこと山ほどあります。解釈はそれぞれなんで一概には言えませんが、僕はそんな自分を今年の1月1日に「受け入れること」でその苦しみから逃れることが出来ました。

 

受け入れてあきらめることで「今」に集中できる

 

意識高い系の方(自分が目指していた理想)は「それいい風に言ってるけど、ようは頑張ってないだけやん!」って言いますが、その彼らのいう「頑張り」が出来ない人種なんです。頑張ろうと思っても頑張れないんです。それを受け入れずに「なぜ自分は頑張れないんだろう」と解決することのないことを自問自答し続けると本当に病気になると思いますし、何よりも「今」に集中できません。受け入れてあきらめて自分のレベルに合った物事の考え方をすることで「今の仕事で結果を出すしかない」と逆に腹をくくることができてめちゃくちゃ集中することができます。実際僕は1月1日からこの5ヶ月間、本当に成長したなと思えます。今に没頭することが出来ています。悩んだからこそ今があるのはもちろんわかるのですが、運の悪い人はそれで思い詰めて病気になる人もいると思うので、自分のレベルをわきまえて仕事をすることは非常に大事だと僕は思っています。仕事だけじゃなくて恋愛で同じことで苦しまれてる方は多いんじゃないでしょうか?一度自分を受け入れてみて自分に合った恋愛や仕事をすることが僕は1番楽になると思いますが。

 

ただ受け入れた後、頑張らなくていいとかそういう話ではなくて受け入れたのなら、受け入れた範囲の中で、自分が出来る範囲の中で、めいいっぱい頑張りましょうということです。その先に始めて理想に近づく自分がまたにょきっと顔を出すのだと思います。