読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ誰が興味あんねん!

情報の垂れ流しと知識だけの蓄積はもういらない。思考リハビリの開始です。 誰が興味あんねん!

健康

3月早速目標未達となりました。笑。ブログの5本目であえなくタイムアップ。反省としては、ネタのストックができていなかったことに尽きるなと思います。これからはどんな小さいことでもネタになりそうなことがあればメモしていきたいと思います。

4月の1週目はずっと仕事で書く時間がなかったので、さぁ勝負の2週目やと思っていた時に土日に体調を崩してしまいました。最近体を壊すことが多いのですごく感じるのですが、改めて体が1番の資本であるということです。

 

周りに多数存在する予備軍

ここ最近、自分の周りで体調を崩される方や、心の病を抱えておられる方が多く見受けられます。前までは「頑張りが足りひんのじゃ!」と尖がった思想(これはこれで正解)を持っていたのですが、いざ自分が30歳手前になって体調を崩す場面が増えてくると、頑張ってても体調を崩す時は崩すのだなと思いました。今日もその話を先輩にしていたら「俺がプレッシャーかけすぎてんのかな?」とおっしゃられたので「これぐらいの仕事でプレッシャー感じてたら終わりじゃないですか!」と言い切ったのですが、もしこの発言を無意識でしているのならば自然と自分を追い込んでしまうことになるので、ストレスが溜まりやすくなります。無理は禁物と言いますが本当に無理は禁物です。

 

体を壊す怖さ

私の知り合いの会社役員の方が、50代で脳の病気で突然倒れられました。詳しい病状は聞いていないのですが、脳の病気で復帰は難しいとのこと。30代前半の知り合いの方は何千人に一人の難病にかかって、後遺症が残って車椅子生活になるとのことでした。実際仕事をしている最中は、弱音なんて吐けませんしそんな病気がくることだって知らない。だから頑張っちゃうのですが、その上記の2人の話を聞いて体を本当に壊すということは今まで頑張って築き上げてきたものが一瞬でゼロになってしまうのだなと思ってしまいました。(本人達がどう思っているかはわかりませんが以前よりはハンデを背負って生きることになります。)オーバーに言うと何もかもがそこで終わる。。だからって頑張るなと言っているわけではないのですが、仕事だけじゃなく健康に生きる努力も必要だなと感じました。

 

自分はどうする

僕は今体調崩しがちなので説得力ありませんが

・出張が多いのでホテルはリラックスできるホテルを出来るだけ選ぶ。

・ホテルでも家と変わらない生活を心がける。(歯ブラシ、パジャマ、朝食等)

・出張のない日は家族と話して出来るだけ早く寝る。

・仕事上のミスは後に引きづらない。

・インプットをアウトプットする場所を作る。

・仕事の結果を早く確定させる。

ということが、思い返してみると健康に生きる努力になります。色々細分化したらやれることもっと多そうですが、上記に「運動」の要素がないのが気になります。子供も大きくなってきましたし、ちゃんと無理なくできるメドがついたら運動も開始したいなと思います。とにかく家族がいる以上まだまだ継続して働き続けなくてはいけません。これからは仕事を頑張りながら、健康に生きる為の努力もしていきます。